岩手1区の階氏公認、小沢氏が受け入れ

国会議事堂

 立憲民主党岩手県連代表の小沢一郎氏は13日、国会内で記者会見し、衆院選岩手1区で現職の階猛氏を公認した党本部の12日の決定を受け入れる考えを示した。階氏と対立する小沢氏ら県連側が新人女性の公認を求め、混乱が続いていた。

 小沢氏は「階氏の公認は承服できないが、衆院選が目前に迫る中、党内が割れているかのような印象を与えることは控えなければならない」と理由を述べた。新人女性を比例代表に回すことに同意したと説明。名簿登載順位については「党本部の判断に任せる」とした。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る