【動画】宮城知事選告示 新人・長氏と現職・村井氏が届け出

 任期満了に伴い14日告示された宮城県知事選は午後5時に立候補の届け出が締め切られ、ともに無所属で、元石巻市包括ケアセンター長で医師の新人長純一氏(55)、5選を目指す現職の村井嘉浩氏(61)の現新による一騎打ちが確定した。4期16年の村井県政への評価と多選の在り方、10年が経過した東日本大震災からの復興の方向性に加え、新型コロナウイルス対策、仙台医療圏4病院の再編方針も争点となる見通し。投票は衆院選(19日公示)と同じ31日で、即日開票される。

長氏「対話基調の県政」、村井氏「民の力を生かす県政」

 長候補は擁立した市民団体や野党系県議らを中心に共闘態勢を構築し、共産党県委員会が自主的に支援する。村井候補には自民党県連が支援、公明党県本部が支持する。立憲民主党県連は自主投票。立民系県議会会派のうち8人が長候補、3人が村井候補を推す。

 「対話基調の県政」を掲げる長候補は仙台市内の街頭演説で「医療や介護、暮らし、子育ての整備が最重要課題だ。女性の視点を大事にし、命と暮らしを守る県政に変える」と訴えた。

 コロナ対策では在宅医療や包括ケアの知見を生かし療養体制強化を主張。村井候補による仙台圏4病院の再編方針、東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)再稼働の「地元同意」撤回を公約に盛り込んだ。

 「民の力を最大限生かす県政」を基本姿勢に据える村井候補は、気仙沼市の大島で「震災から丸10年。ようやくここまで来た。心のケアなどの課題に向き合い、被災地にしっかりと寄り添っていく」と強調した。

 政策集にはコロナ対策の強化に加え、(1)「次世代育成・応援基金(仮称)」の創設(2)全日制と定時制、通信制を融合した高校の開設(3)大規模工業団地の整備-などを明記した。

 知事選が衆院選と同日選となるのは2017年の前回に続き2回目。投票率や連動性が注目される。13日現在の有権者は192万8886人。

長純一候補の第一声
村井嘉浩候補の第一声
河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る