陸自東北方面総監に梶原氏着任 「東北の人々の期待に応えたい」

梶原直樹陸将

 陸上自衛隊東北方面総監の梶原直樹陸将(56)が14日に着任し、仙台市宮城野区の陸自仙台駐屯地で記者会見した。「東北の人々の期待に応え、東北方面隊の歴史と伝統を発展させたい」と語った。

 梶原総監は東日本大震災直後に北海道の第7特科連隊長として宮城や福島、岩手に赴き、被災状況の確認を行った。「被災地を見て大きなショックを受けた。災害に迅速に対応できるよう自治体と連携し、責務を完遂したい」と述べた。

 梶原総監は東京都出身、防衛大卒。1988年に入隊し、第3師団長や防衛大副校長を務めた。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る