閉じる

衝突回避へ「多重防護」<東北・拡大する野生動物被害>(2)

嫌がる音と臭いで駅構内の侵入防ぐ 

 「ブゥオウ」「ブゥン」

 高さ約50センチのプラスチック製の箱から、くぐもった音が響いてきた。脇から直径約8センチの塩化ビニール製のパイプが延びていて、JR釜石駅(岩手県釜石市)の敷地沿いに500メートル以上にわたって敷設されている。

 この不思議な装置の名前は「境界…

残り 962文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集