宮城知事選、35市町村で期日前投票始まる 衆院選は20日から

期日前投票で1票を投じる有権者=15日、仙台市青葉区のアエル

 14日告示された宮城県知事選(31日投開票)の期日前投票が15日、県内全35市町村で始まった。

 仙台市の期日前投票所の一つで、全5区の有権者が投票できるJR仙台駅前のアエル(青葉区)では、訪れた有権者が宣誓書に必要事項を記入。係員が、選挙人名簿と照らし合わせて本人確認を行った。

 若林区の自営業黒田道子さん(64)は「きょう期日前投票が始まったとニュースで知り、天気も良かったので来た。衆院選でもう一度投票するのは面倒だとは思わない。手続きも苦ではなかった」と話した。

 同日選となった衆院選の期日前投票は20日から。市選管によると、衆院選の期日前投票も15日からと思い込み、投票所に来た人もいたという。

 知事選の期日前投票所は35市町村の計107カ所に設置され、大半が15~30日に受け付ける。市町村が郵送する入場券がなくても、宣誓書に記入し、本人と確認できれば投票できる。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る