予知できぬ噴火、東北に18の活火山 入山前に最新情報の確認を

 熊本県の阿蘇山が20日、噴火した。東北地方には、気象庁の定義による活火山が18ある。仙台管区気象台はこのうち12の火山を24時間体制で観測・監視している。どの火山も活動は落ち着いているが、秋の行楽シーズンを迎えているだけに、気象台は「活火山である限り、いつ噴火してもおかしくない」と警戒を呼び掛ける…

残り 1110文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ