FAQ

米大統領選のようなドライブイン形式も 「密」恐れ選挙運動一変

 新型コロナウイルス下の衆院選(31日投開票)で、東北各地の選挙運動が様変わりしている。「密」を生んで批判されることを危惧し、街頭演説では動員見送りが主流となった。クラスター(感染者集団)の発生を防ぐため、集会所の使用を避ける動きも進む。

 「思ったよりも集まってしまった」。公示の19日に仙台市中心部…

残り 780文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る