FAQ

楽天パークに接種済証・陰性証明専用エリア 制限緩和へ実証実験

 プロ野球東北楽天を運営する楽天野球団は23日、仙台市の楽天生命パーク宮城でのソフトバンク戦で、新型コロナウイルスワクチンの2回接種済証や検査の陰性証明を確認して入場する「ワクチン・検査パッケージ」専用の観戦エリアを設置した。

 観客制限緩和に向けた政府の実証実験の一環。観客上限の1万5600人とは別…

残り 245文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る