閉じる

震災関連予算、十分活用されず 政治に届かない被災者の叫び

 31日投開票の衆院選は東日本大震災から10年が経過して初の国政選挙となる。被災地では災害公営住宅の空き室が増え、自治機能の維持が難しくなるといった課題がより顕在化する一方、関連予算が十分に使われているとは言い難い。「現場を見て知ってほしい」。被災者の叫びが「被災者支援」を強調する政治に届くのか。

 …

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ