蒲生干潟にタイヤ散乱 津波で流された仙台港のコンテナから漂着か

 仙台市宮城野区の蒲生干潟周辺で、漂着したタイヤが断続的に見つかっている。近くの仙台港でコンテナ内に保管され、東日本大震災の巨大津波によって沖に流されたタイヤが戻っているとみられる。散乱する姿は干潟の美観を損ねており、地元の大学生らが回収活動を始めた。

東日本大震災で流失し、蒲生干潟に漂着したとみられるタイヤ。学生らが拾い集めた

 9月6日、蒲生干潟に約40本のタイヤが3カ所に分けて積まれていた。仙台市の学生団体「carav@n(キャラバン)」が前月、一帯を清掃活動した際に集めたものだという。

 一つのタイヤの側面には、2011年8週目(2月下旬)に製造されたことを示す「0811」の刻印がある。接地面には未使用を示す緑や黄、青、白の「識線」も残っている。

 他にプラスチックごみがいくつもあった。メンバーの東北学院大4年宮原昂大さん(22)=仙台市若林区=は「小さい頃から遊んでいた砂浜が汚くなっていて悲しい」と語った。

 漂着タイヤの大半はトーヨータイヤ(兵庫県伊丹市)の製品だ。同社によると、岩沼市の倉庫と干潟近くの輸出用コンテナ約600個に保管していた計40万~52万本が津波で流失。全体の3、4割は仙台港周辺や岩沼市沿岸などにとどまったが、残りはコンテナごと海底に沈んだ。

 蒲生干潟では13年ごろ、漂着タイヤが見つかるようになった。海底のコンテナが腐食して穴が開きタイヤが漏れ出たとみられ、波が強い時に打ち上がっている。「台風が過ぎた直後に周辺を歩くと、海藻が付着するなどしたタイヤが2、3本は見つかる」(団体関係者)という。

 トーヨータイヤも宮城県沿岸へのタイヤ漂着の事実を把握している。住民から情報を寄せられるたびに民間業者に委託し、タイヤを回収している。ただ、「回収しても回収しても流れ着いてくる」(同社広報担当)状態だ。

地元の大学生ら回収、メーカーが処分

 仙台市宮城野区でシェアオフィスなどの「STUDIO(スタジオ)080」を営む地元企業が苦境を知り、インターンの学生らに呼び掛けて8月に設立したのがキャラバンだった。月1回、干潟と公園を歩いてタイヤを含む廃棄物を収集している。集めたタイヤはトーヨータイヤが処分している。

 スタジオの運営を担う栃山剛さん(37)は「学生ボランティアの輪を広げ、きれいな砂浜を取り戻したい。企業の参加も促し、学生と一緒に国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)を考えるきっかけにしたい」と話す。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る