(102)草山のすつかり刈られ秋の風/大須賀 乙字(1881~1920年)

 さみしいと言わないでさみしいと感じさせる。一陣の風に、その季節の感じだけでなく、人間の心情も自然の変化に重ねて突っ込んでしまう。そんなところがこの句のポイントだと思う。無造作に置かれた「すつかり」が、裸にされた山の空虚な感じを際立たせている。大須賀乙字は「季語」という言葉を使い始めた人(それまでは「季の詞(ことば)」「季題」などと言っていた)で、自然描写にこだわった俳人。旧制仙台一中、旧制二高を卒業している。岩谷山梔子編『乙字句集』より。(浅川芳直)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
秀句の泉

 「秀句の泉」は、俳句の魅力を伝えます。執筆は俳人の永瀬十悟さん(福島県須賀川市)、浅川芳直さん(宮城県名取市)、及川真梨子さん(岩手県奥州市)の3人。古典的な名句から現代俳句まで幅広く取り上げ、句の鑑賞や季語について解説します。

先頭に戻る