河北抄(10/27):「あどかねのが おらあどかねかね んです…

 「あどかねのが おらあどかねかね んですべっと」。食事時の親子の会話。意味は「あと食べないの? 私はあとは食べない食べない じゃあ片付けるよ」。

 東日本放送で平日の午前に放送されている『突撃!ナマイキTV』。金曜の名物コーナー『本間ちゃん流方言講座』で紹介された。視聴者から届く宮城弁五七五をMCの本間秋彦さんが愉快に読み解く。小欄も毎週楽しみにしている。

 同社の社屋が仙台市太白区のあすと長町に移転・新築したことに寄せられた作品も笑いを誘った。「ながまづの けづのすわりは なじょすかや」(長町の 居心地は どうでしょうかね)

 県内各地から送られる五七五は生活の何げない会話や場面を見事に切り取る。石巻市出身の本間さんが絶妙なリズムで読み上げると、笑いとともに懐かしい光景が浮かぶようで何とも心地いい。

 記憶に残る一句。「遠くから置くところにこだわるオヤジの図」との解説が付く。「ほごでねえ ほごだほごほご ほごさおげ」(そこじゃない そこだそこそこ そこに置いて)。宮城弁はいい。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る