議員の待遇って? 衆参とも年給与2180万円<いちから分かる衆院選>

 国会議員の給与(歳費)は法律で額が決まっています。衆院議員、参院議員とも月129万4000円で同額です。ボーナスに相当する期末手当もあり、6月と12月に各約314万円。合わせて年2180万円が支払われます。議長や副議長、大臣になると額がアップします。

 これとは別に、政治活動を支える経費として月100万円が渡されます。文書通信交通滞在費という名前で、使い道を明らかにする義務はなく、領収書も不要。国会がある東京と選挙区を行き来する交通費として、新幹線のグリーン車に乗れるJR無料パスも支給されます。

 秘書の給与も3人分を国が負担。選挙区が東京以外の議員は都心に宿舎が用意され、寝泊まり可能です。仕事や打ち合わせ用の執務室として、国会議事堂そばに議員会館もあります。

 選挙は国会議員が待遇に見合った働きをしているかどうか、チェックする機会でもあるのです。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る