宮城5区の森下さん、落選の知らせに「努力不足」

落選の知らせを受け、支持者に頭を下げる森下さん=31日午後8時30分ごろ、石巻市の事務所

 宮城5区の自民新人森下千里さん(40)は落選の知らせを受けて石巻市の事務所に入り、「私の努力不足。申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と深々と頭を下げた。

 東日本大震災の被災地支援で、炊き出しに携わった経験から党の公募に名乗りを上げ、今年4月に公認候補に決まった。

 引退したタレント時代の活躍を知る有権者は少なく、名前と政策を知ってもらうため、1600回以上のつじ立ちを各所で重ねた。女性の活躍が地域社会の活力につながると終始訴えたが、選挙区での議席獲得はならなかった。

 森下さんは今後について「まだ考えることができないが、頑張っていきたい」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る