閉じる

渡り鳥の群れ、朝日に染まる 伊豆沼・内沼への飛来ピーク

 水面(みなも)で羽を休めていたマガンの群れが、日の出とともに一斉に飛び立った。ラムサール条約登録湿地で国内有数の渡り鳥の飛来地、伊豆沼・内沼(宮城県栗原市、登米市)で、渡り鳥の飛来がピークを迎えている。

 6日は栗原市築館で11月中旬並みの最低気温2・0度を記録。冷気が肌を刺す中、マガンは朝もやを蹴…

残り 154文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ