FAQ

江戸後期の気仙沼、鮮やかに 本来の色合い再現、複製絵図を寄贈

 江戸時代後期の文政年間に作製された松崎村、赤岩村(いずれも現気仙沼市松岩地区)の当時の暮らしが読み取れる絵図が複製され、原本の持ち主や気仙沼市教委、同市のリアス・アーク美術館に寄贈された。

 複製は松崎村が縦240センチ、横90センチ、赤岩村が縦220センチ、横90センチほど。原本の約7割のサイズと…

残り 466文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る