巻物の製作、高い技術で脈々と 仙台の製本会社「次代に継承したい」

 仙台市若林区の製本会社「菊信紙工所」が日本古来の書物の一形態である巻物(巻子本=かんすぼん=)の作製に取り組んでいる。熟練工の手作業が必要となるが、受注は少なく、技術の継承が課題となっている。

 10月下旬、仙台印刷工業団地にある工場の片隅で、女性工員が黙々と手を動かしていた。和紙のような風合いの特…

残り 728文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ