田中将は「特別な選手」 石井GM兼監督、残留へ力注ぐ意向

石井一久監督

 東北楽天の石井GM兼監督は8日、今季8年ぶりに米大リーグから復帰した田中将の残留に向けて力を注ぐ意向を示した。田中将とは2年契約を結んでいるが、シーズン終了後に去就について話し合う機会を設けることになっている。

 石井GM兼監督は「必要な選手。このチームにとって特別な選手なので、いろいろと決断について話し合っていきたい」と述べた。

 また、新外国人として、米大リーグ、マリナーズでプレーしたマルモレホス選手(28)の獲得を目指しているという。左打ちの長距離砲で、昨季メジャーデビューした。一塁、外野が守れ、通算76試合で打率1割8分3厘、10本塁打、30打点の成績を残した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る