紅葉の庭園、しっとり散策 松島・円通院

紅葉に染まった円通院の境内

 宮城県松島町の円通院で紅葉が見頃を迎えた。約200本のモミジなどが色づき、境内の庭園をあでやかに彩る。仙台藩祖伊達政宗の孫光宗を祭る「三慧殿(さんけいでん)」周辺など、場所によって12月中旬まで楽しめるという。

 枯れ山水の石庭を囲む木々の葉が赤や黄のグラデーションに染まり、「心字の池」の水面には緑のモミジが映る。コケの上は積み重なった落ち葉で真っ赤なじゅうたんのようになった。

 観光客らは晩秋の自然美に魅了された様子で、スマートフォンなどで写真を撮った。天野太悦副住職(43)は「例年にも増して鮮やかに色づいた。木々の紅葉と散るモミジを同時に楽しんでほしい」と話した。

 恒例の紅葉ライトアップは新型コロナウイルス感染防止のため、昨年に続き中止とした。拝観時間は午前9時~午後4時。拝観料は大人300円、高校生150円、小中学生100円。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る