国内最古、八戸で縄文中期前半の土面発見 1000年以上も更新

 青森県八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館は12日、是川石器時代遺跡から縄文時代中期前半(5300~5100年前)の土面が見つかったと明らかにした。国内最古とされてきた土面より1000年以上も古く、祭祀(さいし)に用いられたとされる土面の歴史を考える上で貴重な史料という。

一王寺遺跡で見つかった最古の土面

 出土した土面は直径8・1センチのほぼ円形で、全体の4分の1が欠損していた。表面には棒状の道具で付けた刺突(しとつ)が多数あり、眉とみられる粘土ひもが貼り付けられていた。三つの貫通孔で両目と口を表現しているとみられる。厚さは1・2センチで、裏面に文様はなく、よく磨かれていた。

 是川遺跡を構成する一王寺遺跡の土器捨て場から見つかった。縄文中期前半の土器に特徴的な角形の刺突による装飾手法がとられていることなどから、同時期に制作されたと判断した。

 縄文時代の土面は約150点見つかっており、最古とされてきたのは徳島市の矢野遺跡で見つかった後期初頭(約4000年前)の土面だった。

 今回見つかった土面は矢野遺跡のものと比べ、半分ほどの大きさ。ひも通しの穴などはなく、仮面としてではなく、祭祀では手で掲げるなどして使われた可能性が考えられるという。

 是川縄文館の渡則子・埋蔵文化財グループリーダーは「土面のルーツに迫る可能性がある重要な発見だ」と話す。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る