閉じる

女川再稼働「地元同意1年」 立地首長、避難道整備の動向注視

民意の反映、県民に疑念も

 東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働を巡り、村井嘉浩宮城県知事が地元同意を政府に伝えて18日で1年となるが、民意が十分に反映されたのかどうか県民の間には疑念が今もくすぶる。原発と共存し、東日本大震災で被災した地域の将来像を左右する重大決断は「国への追従に過…

残り 1246文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集