神楽舞い、実りに感謝 岩沼・竹駒神社で新嘗祭

収穫に感謝する神楽を奉納するみこ=23日、岩沼市の竹駒神社

 宮城県岩沼市の竹駒神社で23日、豊かな実りに感謝する「新嘗(にいなめ)祭」があった。境内の神田「穂徳(すいとく)田」で収穫されたひとめぼれの新米などが奉納された。

 神社役員や地元関係者ら約40人が参列。神前に新米をはじめ、宮城県内各地の生産者から寄せられたトマトやリンゴなどの農産物が供えられた。村田守広宮司が祝詞を上げた後、稲穂を手にした4人のみこが神楽「竹駒の舞」を奉納した。

 第66回竹駒産業文化賞の授賞式もあり、団体の部で同県大和町の七ツ森菌床椎茸生産組合、個人の部で角田市の農林業佐藤正友さん(73)がそれぞれ表彰された。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る