今井邦男さん死去 79歳 宮城県合唱連盟の前理事長、河北文化賞受賞

 作曲家・指揮者として東北合唱界の発展に尽くし、河北文化賞を受賞した前宮城県合唱連盟理事長の今井邦男(いまい・くにお)さんが22日未明、拘束性換気障害のため仙台市の介護施設で死去した。79歳。中国・大連生まれ、石巻市育ち。自宅は仙台市泉区南光台2の39の25。通夜・葬儀は親族のみで行い、一般焼香は28日午後4時~5時半、仙台市青葉区木町通2の2の13、斎苑で。喪主は長男馨(かおる)氏。

 仙台二高時代から合唱に打ち込み、東北大教育学部で音楽を専攻。福井文彦や高田三郎に作曲を学んだ。

 1974年に指揮者に就任した仙台市の混声合唱団「グリーン・ウッド・ハーモニー」は全国大会の常連となり、たびたび最高賞に輝いた。

 尚絅学院大教授などとして音楽教育にも心血を注ぎ宮城県合唱連盟理事長のほか、全日本合唱連盟副理事長などを歴任した。長年にわたり東北の合唱界をリードしてきた功績で、2018年度の第68回河北文化賞を受賞した。

 主な作品に混声合唱曲「挽歌(ばんか)」など。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る