閉じる

消えた集落、小舟が結ぶ 奥会津「霧幻峡の渡し」

 福島県の奥会津を流れる只見川の観光舟「霧幻峡の渡し」の今季の最終運航が23日あった。JR只見線早戸駅(三島町)そばの舟着き場をこぎ出した和舟に乗った観光客が、穏やかな川面のひとときを楽しんだ。

 渡し舟の対岸は、金山町の三更(みふけ)集落跡。1964年に地滑りで集団移転を余儀なくされ、住民の渡し舟も…

残り 136文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ