「動くオペ室」、救急との連携35年 広大な会津の救命に貢献

 会津中央病院救命救急センター(会津若松市)のドクターカーと会津地方の3消防本部の救急車が協力して少しでも早く医師の治療が始まるように搬送するドッキング方式が始まって11月で35年になる。近年は、治療の緊急性を早めに判断できるキーワード方式も導入し、ドクターカー出動の要請件数が増加傾向にある。

 ドッ…

残り 970文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ