FAQ

沼田 秀平(ぬまた・しゅうへい)―旧宮崎村村長(加美町)―ミヤギノハギ普及に力

 沼田秀平(1886~1970年)は旧宮崎村(現加美町)の村長を務め、宮城の県花、ミヤギノハギの普及に尽力した。自宅はハギが咲き誇り、「白萩荘」とも呼ばれた。

 白萩荘のハギ畑の跡地は現在、沼田の孫で画家の常陸れいさん(79)が住み、庭のミヤギノハギが来客を迎える。常陸さんは東京生活を経て約20年前、…

残り 991文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る