菅原兵衛(すがわら・ひょうえい)―県初の五輪代表選手(栗原市)―長身鍛えボートで躍動

菅原がボートと出合うきっかけになった現在の内沼=7月29日午後、栗原市築館
1928年の五輪出場時の菅原(築館町体育協会史より)

 8日に閉幕した東京五輪では、県ゆかりの選手たちがさまざまな競技で活躍した。栗原市築館出身の菅原兵衛(1907~88年)は県初の五輪選手に選ばれ、ボート代表として28年アムステルダム五輪に臨んだ。

 農家の6人きょうだいの長男に生まれた。旧制築館中(現築館高)から東京高等工業学校(現東工大)に進学した。「学業を続けたい」と家族に懇願して上京したという。

 身長173センチの当時としては大柄な体格を見込まれ、同校の蔵前端艇部に熱心に勧誘されて入部した。

 おいの栗原市築館の菅原昇さん(70)は、中学の修学旅行で訪れた上野駅で菅原と面会した。「同級生が『お前のおじは外国人なのか』と驚いていた。とにかく背が高かった」と懐かしむ。

 蔵前端艇部で菅原は練習に明け暮れ、実力を付けていく。日本は、アムステルダム五輪で初めてボート競技に出場することになり、菅原を含む7人がかじ付きフォアの代表に選ばれた。

 出国前、築館中で壮行会があった。「築高六十年史」への寄稿文で菅原は、「全校をあげての激励、盛大な見送りに先頭に立って心を配られたのが片寄(政直)先生であった」などと思い出をつづっている。

 ボートと出合ったのも築館中だった。毎年、競漕(きょうそう)会があり、菅原は2年の時に出場。会場は、干拓事業で伊豆沼と分かれた現在の内沼の築館B&G海洋センター艇庫周辺とみられる。

 内沼そばに住む蓬田親彦さん(77)は、「ボート部があったことは築館高時代に教師から聞いた。今は地元でも知っている人はいないと思う」と説明する。

 代表7人はロンドンで約1カ月トレーニングを積み、五輪に臨む。菅原は最終的に補欠に回った。1回戦はポーランドに敗れ2着、敗者復活戦は米国に敗れ2着だった。

 卒業後、製錬企業に就職して競技から離れた。「国費で五輪に行かせてもらいながら補欠だった」。菅原は力不足を悔い、五輪やボートの話を家族にほとんどしなかったという。

 晩年、肺の病を患った。長女の佐々木彰子さん(78)=東京都小平市=は「父は『(故郷に)帰りたい』とよく口にした。体調が優れず、帰省はかなわなかった」と話す。東京都三鷹市の自宅に、いぐねに囲まれた生家の写真をずっと飾っていた。

 菅原が死去した8年後の96年、県体育協会は県民初の五輪代表に選ばれた功績をたたえ、菅原に表彰状を贈った。
(栗原支局・門田一徳)

[メモ]「築高百年史」では、菅原兵衛を五輪に出場した同窓生として紹介する。1年先輩の歌人黒沢裕(1904~94年)は78年ごろ観光で訪れたオランダで、「わが友の菅原兵衛ここに敗れしボートコースの側を過ぎゆく」と詠んだ。

河北新報のメルマガ登録はこちら
みやぎ 先人の足跡

 私たちの暮らす現代社会の豊かさは、先人たちのたゆまぬ努力と強靱(きょうじん)な意志、優れた知性や感性などに支えられ、長い年月をかけて育まれてきた。宮城の地域社会に大きな影響を及ぼしてきた人々の足跡をたどり、これからの社会やおのおのの人生をより良くするヒントを学び取りたい。


企画特集

先頭に戻る