東北楽天、秋季練習打ち上げ 「悔しさを来季に」

山崎剛(中央)の音頭で手締めし、秋季練習を打ち上げた東北楽天の選手ら

 東北楽天は27日、仙台市の楽天生命パーク宮城で、秋季練習を打ち上げた。

 最終日は若手選手を中心に約30人が参加。野手陣はロングティーなどの打撃練習を中心に汗を流した。投手陣は外野のポール間ダッシュや室内練習場での投球練習などに励んだ。

 練習後はグラウンドのマウンドに集合。山崎剛が「(日本シリーズに進出した)オリックスはまだ試合をやっています。そこに立てなかった悔しさを持って、来年は最後まで野球をやりましょう」とあいさつし、一本締めで練習を終えた。

 石井監督は「各自が課題に取り組んでくれていた。今年、飛躍しそうになった人はそのまま継続し、悔しい思いをした人はもう一度足元を固めてジャンプできる準備を整えてくれた」と秋季練習を総括した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る