閉じる

実業団女子駅伝 積水化学、大会新で初優勝

 全日本実業団対抗女子駅伝は28日、宮城県松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場までの6区間、42・195キロで行われ、積水化学が2時間13分3秒の大会新記録で初優勝した。

 東京五輪1500メートル代表の卜部蘭が2区区間新の走りで浮上し、3区で佐藤早也伽(宮城・常盤木学園高-東洋大出)が4人を抜…

残り 774文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより