実業団女子駅伝 積水化学、大会新で初優勝

記念撮影で笑顔を見せる積水化学の3区・佐藤(左から3人目)とアンカー・木村(右手前)=仙台市陸上競技場

 全日本実業団対抗女子駅伝は28日、宮城県松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場までの6区間、42・195キロで行われ、積水化学が2時間13分3秒の大会新記録で初優勝した。

 東京五輪1500メートル代表の卜部蘭が2区区間新の走りで浮上し、3区で佐藤早也伽(宮城・常盤木学園高-東洋大出)が4人を抜いてトップに。5区新谷仁美やアンカー木村梨七(仙台育英高出)が区間2位のタイムをマークするなどし、先頭を譲らなかった。

 資生堂が2位、デンソーが3位に入り、3連覇を狙った日本郵政グループは4位。5位のダイハツ、6位のヤマダホールディングス、7位のユニバーサルエンターテインメント、8位のワコールまでが来年のシード権を獲得。

初優勝した積水化学のアンカー木村梨七=仙台市陸上競技場

3区以降は首位譲らず

 積水化学が出場23度目で悲願の初優勝を果たした。2区卜部の区間新の快走で5位に浮上し、3区佐藤が4人を抜いてトップに。以降は一度も首位を譲らず、2位資生堂に52秒差の大会新でアンカー木村がゴールを切った。

 「昨年2位の悔しさをばねに、1年間で一人一人が力を付けてくれた」と野口監督。当初は5区のエース新谷で逆転というプランだったが、3区で首位に立つ予想以上の展開。区間賞の卜部に加え、佐藤、新谷、木村が区間2位とチームの総合力の高さを見せた。

 「今年こそ優勝という思いで1年間練習してきた。1、2区がいい流れでつないでくれて、自分も最後まで前に押し切れた」と佐藤。昨年は4区を走り、今年はアンカーの大役を任された木村は「思った以上の差をつけてくれて、緊張せずに走れた。仲間の待つゴールに早く着きたかった」。地元宮城での初優勝を喜んだ。

積水化学の4区・弟子丸(左)からたすきを受け取る5区・新谷=仙台市若林区木ノ下の第4中継所

清水、福士の激励受け力走

 ワコールはアンカー清水(仙台育英高出)の力走で8位に入賞し、来年の大会のシード権を確保した。

 中継所の付き添い役は、昨年限りで駅伝メンバーを退いた福士(青森・五所川原工高出)。チームの大先輩から「落ち着いていけ」と励まされ、気合が入ったという。9位でたすきを受けると「とにかく1人でも抜く」と前を行くエディオンを猛追。区間5位の走りで順位を押し上げた。

 清水は「目標の3位に届かず残念。福士さんの分まで今後も頑張りたい」とさらなる活躍を誓った。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る