閉じる

地域再生ビジターズ産業の創出(1)震災の語り部

 「震災の記憶が急速に風化していないか」

 「支援してくれた全国の人たちに謝意と震災の教訓を伝えたい」

 さまざまな感情を胸に、被災体験を伝えるガイド役「語り部」の活動が被災地で芽生えている。

 津波被害が大きかった東松島市宮戸の門馬満江さん(62)もその一人。観光ボランティアガイドの経験を生かし今年4月…

残り 1535文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ