閉じる

地域再生ビジターズ産業の創出(2)一元化窓口

 福島第1原発から約40キロ離れた二本松市東和地区で今月上旬、夏野菜の収穫を体験する1泊2日の被災地ツアー「福島を感じて考えるスタディーツアー スタ☆ふく」が催された。

 東京都や埼玉県、福島市などから24人が参加。原発事故や風評と向き合って暮らす地元農業者と対話したり、収穫したトマト、インゲン、ナス…

残り 1246文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ