FAQ

北東北の「混浴文化」観光資源に 女性も使いやすい湯治場へ環境省調査

 環境省は青森、岩手、秋田3県の混浴施設がある湯治場と連携し、若い世代や女性、性的マイノリティー(少数者)らが利用しやすい環境を整えるプロジェクトを始めた。数少なくなった混浴施設を貴重な観光資源として位置付け、「混浴文化」を後世に残していくのが狙いだ。

 プロジェクトは同省十和田八幡平国立公園管理事務…

残り 515文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る