FAQ

地域に密着した再生可能エネルギー戦略(3)米どころの底力

 秋田県のほぼ中央部、玉川水系が肥沃(ひよく)な扇状地を形づくる仙北平野で、風変わりな「水争い」が起きていた。

 仙北平野土地改良区(大仙市)の関係者が証言する。「震災後、大手商社の担当者が相次いで訪ねて来るようになった。改良区の水利権を借り受けたいという話だった」

 同土地改良区はかんがい面積9177…

残り 1233文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る