FAQ

地域に密着した再生可能エネルギー戦略(7完)夢の蓄電池

 東北大片平キャンパス(仙台市青葉区)の研究棟の一角に、高さ2~3メートルはある円筒型の実験装置が3台据え付けられている。いずれも強力な磁石を使い、物体の断面を撮影する磁気共鳴画像装置(MRI)だ。

 「劣化すると電解液がドロドロになる。血液と一緒だ」と東北大多元物質科学研究所長の河村純一教授(固体イ…

残り 1230文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る