閉じる

旧役場跡、伝承の場に 岩手・大槌町が震災説明板

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県大槌町は、多くの町職員が犠牲になった旧役場庁舎跡地と、観光船はまゆりが屋根に乗り上げた民宿あかぶ跡地の2カ所に説明板を初めて設置し、10日に公開した。「仮看板」と位置付けており、震災の教訓を伝承する場として今後、本格的な環境整備を進める。

 説明板は高さ約…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ