FAQ

イワシが謎の大量死 青森沖の太平洋、長さ4キロにわたり死骸

 青森県の太平洋側沖合で大量のイワシが死んでいるのが確認された。見つかった場所は東通村尻屋崎の南東約46キロの海域で、幅50~100メートル、長さ4キロにわたって死骸と魚から出た油が浮いていた。大量死の要因になる海水温の低下は確認されておらず、理由は分かっていない。

 海上自衛隊八戸航空基地の航空機が…

残り 253文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る