「復興道路」三陸道が全線開通 仙台-八戸、総延長359キロ

 東日本大震災の復興道路として国が整備を進めてきた三陸沿岸道が18日、全線開通した。未開通区間だった岩手県の普代-久慈インターチェンジ(IC)間25キロの通行が可能となった。震災10年の年に、宮城、岩手、青森3県の太平洋沿岸を貫く総延長359キロの大動脈が完成した。

 全線開通で仙台市と八戸市が直結。…

残り 603文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ