この冬の仙台、寒くない? 年末年始に気温下がり雪多く

 「この冬は寒いな」。仙台市内がふぶいた日、コートの中で縮こまるように出社した上司の姿に、ふと疑問がわいた。確かに仙台はいつもより寒く、雪が多い気がする。実際はどうなのだろう? 気象庁ホームページの資料を基に分析した。(編集局コンテンツセンター・藤沢和久)

仙台で今季初の積雪を観測した朝、凍結した市道=2021年12月18日午前7時30分ごろ、泉区福岡

 まず、昨年12月1日から年が明けた1月12日までの43日間について、仙台管区気象台による観測データを調べた。期間中の仙台の平均気温は3・7度で、過去30年の平均3・8度と大差ない。

 疑問の解消につながる鍵が、月ごとの天候の推移をまとめた気象台の解説資料にあった。12月は前半の気温が高かったのに、後半に入ると強い寒気の影響を受けるようになり、特に下旬はかなり低かった。

 平均気温は12月上旬が平年を1・4度上回る7・3度だったのに対し、下旬は1・9度と1・6度も低かった。1月に入ってもこの傾向は続き、上旬は1・3度低い1・1度だった。

 12月1日~1月12日の仙台の降雪は計21センチと、過去30年の平均15・4センチより多い。今季は初雪が12月2日、初積雪は同18日とともに平年より1週間程度遅く、年末年始にまとまって降った形だ。

冬型の気圧配置続きそう

 寒さはいつまで続くのだろう。気象庁が13日に発表した向こう1カ月の見通しによると、日本の東海上で平年より気圧が低く、日本付近は西高東低のいわゆる冬型の気圧配置になりやすい。

 このため21日ごろまでは気温が平年より低く推移しそうだ。22日以降はほぼ平年並みか、平年並みとなる見通し。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る