FAQ

宮城県、宿泊療養施設を増強へ きょう対策会議 感染レベル引き上げも

 新型コロナウイルス「オミクロン株」の感染拡大を受け、宮城県は14日、対策本部会議を県庁で開く。県内の感染状況を現在の「レベル1(維持すべきレベル)以下」から引き上げることを検討するほか、医療体制の強化を協議する見通し。軽症者や無症状者が入る宿泊療養施設は、新たに計460室借り上げる方針。

 コロナの…

残り 328文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る