冬の青森観光、動画で競う きょうオンラインイベント

「おうちで青森冬景色」の公式サイト

 冬の祭りや味覚、体験といった青森観光の魅力を動画で発信し、再生回数や審査を通じてナンバーワンを決める「青森冬景色グランプリ」が15日、オンラインで初めて開催される。新型コロナウイルス感染収束後を見据え、観光需要の掘り起こしを図る。

 グランプリは、青森県内のNPO法人関係者らでつくる実行委員会が同日開くオンラインイベント「おうちで青森冬景色」の目玉企画。

 八戸えんぶり、星野リゾートが運営する県内三つの宿泊施設、津軽鉄道のストーブ列車、田舎館村の冬の田んぼアート、多彩な地酒など、北海道南を含む「冬景色」25件がエントリーした。15~30秒のPR動画をそれぞれ作り、投稿サイト「ユーチューブ」で昨年12月下旬から配信している。

 イベントを生中継するほか、視聴者と双方向で交流する時間も設ける。動画再生回数や「いいね」の数を踏まえ、航空会社の担当者ら審査員がグランプリなどを選ぶ。

 おうちで青森冬景色は午前10時~午後8時。参加無料で事前登録が必要。公式サイトで受け付けている。

「おうちで青森冬景色」の公式サイト

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る