津軽弁が分からない… 転勤族の悩み、気軽に語り合う 弘前で「ヨソモノカフェ」

参加者と移住の悩みを分かち合う(右から)増田さんと佐藤さん=弘前市

 配偶者の転勤などで青森県に転居してきた人らが悩みを分かち合う交流会「ヨソモノカフェ」が青森県弘前市で開かれている。主催する同市の増田華子さん(47)=札幌市出身=は「積極的でない理由で移り住んだ人も孤立してほしくない。居場所の一つになればいい」と語る。

「雪が多過ぎる」

 昨年12月中旬、弘前市内の喫茶店。「津軽弁が全く分からない」「雪が多過ぎる」。男女4人が集まり、県外出身者ならではの悩みや驚きを語り合った。常連の一人で、結婚を機に移住した札幌市出身の女性(34)は「ちょっとした困り事も気軽に相談できるし、情報収集にもなる。ここがあってよかった」と話した。

 2018年1月に始まったヨソモノカフェは、夫の転勤で弘前市に引っ越した増田さんと、結婚で夫の故郷に移住し、喫茶店を経営していた佐藤智子さん(46)=秋田市出身=が主催する。

 来店した増田さんは言葉の壁に戸惑った経験や、それを周囲に話しても理解してもらえなかった苦しさで佐藤さんと意気投合。「きっと他の移住者も同じ悩みを持っているはず」と県外出身者限定の交流会を開くことを決めた。

名刺ない主婦でも

 ホームページなどで参加を呼び掛け、不定期で会を開く。県外出身であれば性別や年齢は問わず、子どもや配偶者が参加可能な会も設定している。開催は30回を超え、全国各地から青森に来た延べ50人以上が参加している。

 移住者同士の交流会は県や市なども開催しているが、増田さんは「行政主催の交流会は目的を持って移住した、いわば志が高い人ばかり。名刺のない主婦でも参加できる場が必要」と強調する。

 佐藤さんは「最初から無理に地域になじまなくてもいい。文化の違いにぶつかったら話してさっぱりできる交流会が他の地域にも広がってほしい」と話す。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る