宮戸・月浜で「えんずのわり」 中学生2人伝統つなぐ

 少子化と東日本大震災の影響で継続が危ぶまれている、宮城県東松島市宮戸の月浜地区の国重要無形民俗文化財「えんずのわり」の中心行事「鳥追い」が14日夜あった。地区の中学生2人が民家を訪ね歩き、豊作や無病息災を祈願した。

家々を回りながら無病息災や豊作を祈る小野さん(手前)と山内さん=14日午後7時30分ごろ

 「大将」の鳴瀬未来中3年山内紳太郎さん(15)と、同2年小野佑真さん(14)が参加。五十鈴神社脇の岩屋で精進料理を自炊した後、地区を回った。家々の玄関先や縁側で、アカマツを削った棒で地面を突きながら「えんずのわーり、とーりょうば(意地の悪い鳥をば)」などと唱えた。

 山内さんは「災害が起こらないよう祈る行事で、コロナ収束を願った」と述べた。訪問を受けた漁師鈴木勘一さん(65)は「大漁や家内安全を祈った。自分も昔やった行事で、毎年楽しみにしている。(今後については)子どもがいないことはどうしようもなく、何とも言えない」と話した。

 えんずのわりは200年以上続く伝統行事で、地元の小中学生の男子が担う。少子化に震災が追い打ちを掛けて子どもが減少し、来年以降の開催が難しくなっている。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

企画特集

先頭に戻る