「東松島の被害、想像以上」 東北楽天新人、被災地に元気なプレー誓う

 プロ野球東北楽天に今季入団した新人選手たちが17日、東日本大震災で甚大な被害に遭った宮城県東松島市野蒜地区を訪問し、被災地のチームの一員として戦う決意を新たにした。

 所用で欠席した前田銀治外野手(18)=静岡・三島南高=を除く9選手が参加。市震災復興伝承館で渥美巌市長の説明を聞きながら、津波の脅威…

残り 237文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ