閉じる

河北春秋(1/19):今から230年前、長崎県の雲仙普賢岳が噴…

 今から230年前、長崎県の雲仙普賢岳が噴火している。この時に普賢岳の東側にあった山が大崩落し、岩が雪崩のように有明海に流れ込んだ。大量の岩石は海水を急激に押し出して、巨大な津波が発生したという▼崩落で現在の島原市の中心部はほぼ全滅し、津波は対岸を襲った。現在の熊本市だ。地震学者の鎌田浩毅さんの著書…

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ