FAQ

河北春秋(1/21):大正時代に流行したインフルエンザのスペイ…

 大正時代に流行したインフルエンザのスペイン風邪。劇作家の秋田雨雀は日記に「風邪。非常な発熱。苦しい」。翌日は「ますますいけない。全身が痛む」。しかし、3日後には「僕は風邪が治った」と書いている▼この感染症は感染率は低いものの、死亡率が高かった。雨雀はまだ若く回復が早かったようだ。当時、決定的な対策…

残り 388文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る