新型コロナ 青森・岩手・秋田・山形・福島の感染者(26日)

青森362人

 青森県などは26日、10歳未満と80歳以上を含む男女362人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりとしては19日の284人を上回り最多を更新。県内の感染確認は計8469人となった。

 新規感染者の内訳は弘前保健所管内169人、青森市79人、上十三保健所(十和田市)管内40人、五所川原保健所管内33人など。青森市内の飲食店など2件のクラスター発生が認定された。

岩手72人

 岩手県と盛岡市は26日、10歳未満と90歳以上を含む男女72人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は盛岡市27人、奥州市10人、奥州保健所管内6人、一戸町5人など。県内の感染確認は計4065人。

 25日公表分も含めて学校関連で2件、高齢者施設で1件のクラスター発生が確認された。

秋田242人

 秋田県と秋田市は26日、10歳未満~70代の男女242人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。保健所別は秋田市103人、横手65人、大館24人など。県内の感染確認は計3110人。公表済みを含め、スポーツ大会に参加した教員や高校生計11人の感染が判明し、秋田市はクラスターと認定した。

山形150人

 山形県と山形市は26日、乳児と90代以上を含む男女150人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は山形市44人、鶴岡市29人、酒田市26人、庄内町9人など。県内の感染確認は計4681人。

 クラスター関連は山形市の東北文教大付属幼稚園で18人増の計47人、鶴岡市の小学校で4人増の計27人、米沢東高で2人増の計14人、長井市の事業所で1人増の計6人となった。

福島352人

 福島県は26日、10歳未満と90歳以上を含む男女352人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たり300人を超えるのは初めてで、県内の感染者は計1万1345人。

 新規感染者の内訳は郡山市100人、いわき市45人、福島市36人、会津若松市33人、猪苗代町21人など。直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数は65・52人、療養者数が70・10人で、いずれもレベル3(対策強化)の水準を上回り、過去最多となった。

 県は新たに5件のクラスターを認定。郡山市の医療機関で5人、郡山市の幼稚園で12人、いわき市の事業所で6人など。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る