ハクチョウに絡まった釣り糸外れる 仙台・与兵衛沼

オオハクチョウの幼鳥

 仙台市宮城野区の与兵衛沼で、釣り糸が絡みついて苦しそうだったオオハクチョウの幼鳥が、県仙台地方振興事務所の自然保護委員によって糸を外され、元気な姿に戻った。

 釣り糸が口や首に複雑に巻き付いた幼鳥を救おうと、25日午後3時半ごろ、自然保護委員の武田修さん(70)が岸辺から米をまいて捕獲を試みた。偶然、幼鳥は仲間のハクチョウにつつかれ、陸に上がってきた。

 「今しかない」。傷つかないように抱え込んだところ、たまたまその場を通り掛かった男女3人の市民が加勢してくれた。武田さんのはさみで糸を切り離し、口の健康状態を確認して沼に放した。

 武田さんは「皆さんの協力で糸を外すことができた。元気に動き回る姿を見てほっとした」と話す。

 警戒した様子を見せていた幼鳥は26日の朝には餌をついばむなど、落ち着いた様子だった。

オオハクチョウの幼鳥の糸を外す武田さん(左)ら=25日(武田さん提供)
絡まっていた釣り糸が外されたとみられるオオハクチョウの幼鳥(中央)=26日午前8時ごろ、仙台市宮城野区の与兵衛沼

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る