青葉通地下道の噴水、ひっそり姿消す 仙台市が2018年から封鎖

 仙台市中心部の青葉通地下道にあった噴水が撤去された。長らく使われず工事用フェンスで囲われていたため、噴水の存在を知らない市民も多い。かつての憩いの場は、再び潤いを与えることなく姿を消した。

 噴水は1991年、当時国道4号の東二番丁通を管理していた東北地方建設局(現東北地方整備局)が歩行者用地下道の…

残り 255文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ