閉じる

宮城県内に感染性胃腸炎警報 19年4月以来、集団発生が増加傾向

 宮城県は28日、感染性胃腸炎が流行する恐れがあるとして、県内全域に警報を発令した。集団発生が疑われる事例は今月17件と増加傾向にある。

 県によると、17~23日の石巻保健所管内の1定点医療機関当たりの患者数が24・20人となり、警報発令基準の20人を超えた。

 県は手洗いや食品の加熱徹底を呼び掛け、…

残り 108文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集