閉じる

宮城県が日本語学校開設検討 知事選で公約、新年度予算に調査費

 留学生や外国人労働者の地域定着を目指し、宮城県は4日、公的機関が関与する日本語学校の開設を新年度に検討する方針を決めた。地方の人口減が加速する中、幅広く人材を呼び込み、産業振興と国際化推進を目指す。

 新年度当初予算案に調査費約300万円を計上する。大都市圏に比べ、採算面から民間の日本語学校が地方に…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ